ホーム >> イベント情報 >> 令和2年度 薬用作物の産地化に向けた地域説明会および相談会

開催日程及び開催場所等

地 域 日 時 会 場 申込締切 申し込みフォーム
北海道 9月30日(水)
13:00~17:00
ACU SAPPORO(ACU-A アスティ45) 12階 A1206
(北海道札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45)
9月16日(水)
締切りました
(当日のご参加は可能です)
東北 11月11日(水)
13:00~17:00
TKPガーデンシティPREMIUM仙台西口 7階 ホール7B
(宮城県仙台市青葉区花京院1-2-15 ソララプラザ)
10月28日(水)
締切りました
(当日のご参加は可能です)
関東・北陸 10月6日(火)
13:00~17:00
TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター 本館3階 ホール302
(東京都中央区八重洲1-2-16 TGビル)
9月23日(水)
締切りました
(当日のご参加は可能です)
東海 11月25日(水)
13:00~17:00
AP名古屋 8階 ROOM B+C+D
(愛知県名古屋市中村区名駅4-10-25 名駅IMAIビル)
11月11日(水)
締切りました
(当日のご参加は可能です)
近畿・中国四国 10月21日(水)
13:00~17:00
神戸国際会館セミナーハウス 9階 大会場
(兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6)
10月7日(水)
締切りました
(当日のご参加は可能です)
九州・沖縄 11月4日(水)
13:00~17:00
福岡朝日ビル B1階 14・15号室
(福岡県福岡市博多区博多駅前2-1-1)
10月21日(水)
締切りました
(当日のご参加は可能です)

趣旨

国内の漢方製剤・生薬の生産金額が拡大する中、生薬の原料は約8割を中国からの輸入に依存しています。他方、生薬の原料は、中国国内での需要量の増加等により、今後の安定的な原料調達先の複線化の必要性が高まっていることから、その具体的な対策として国内産原料の生産拡大が求められています。
平成25年度からの3年間、厚生労働省、農林水産省、日本漢方生薬製剤協会の共催により、全国8ブロックにおいて、産地化を志向する地域の都道府県及び市町村の担当者、生産者等を参集し、薬用作物の生産、需給情報等についての説明及び意見交換を行う会議が開催され、産地化希望者と実需者間のマッチングにより、試作開始や取引開始等の成果が現れています。
平成28年度から一般社団法人全国農業改良普及支援協会及び日本漢方生薬製剤協会により設立した薬用作物産地支援協議会が農林水産省の補助事業を活用し、薬用作物に関する事前相談・マッチング窓口の設置や指導者向け「栽培技術研修会」の開催などの取組みを通して、薬用作物の産地化に向けた支援に努めてまいりました。
当協議会ではこれまでに生産者様から寄せられた要望を踏まえ、更に充実した内容にて令和2年度「薬用作物の産地化に向けた地域説明会および相談会」を全国6地域にて開催します。

主催

薬用作物産地支援協議会

内容

本会では、薬用作物の産地化を目指す地域(関係者)と実需者との情報の交換・共有を図るため、“薬用作物に係る説明会”として関係機関による説明及び質疑応答を予定しております。


薬用作物の産地化に向けた地域説明会および相談会

1部:薬用作物に係る説明会 13:00~16:00
・薬用作物に係る規制について(薬局方、薬価、食薬区分)/厚生労働省
・メーカー側のニーズについて(品目、価格、品質、加工調製)/日本漢方生薬製剤協会
・参照可能な情報各種(HP、事前相談、技術アドバイザー等)/日本漢方生薬製剤協会
・薬用植物の研究及び種子・種苗について/国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所、薬用植物資源研究センター
・薬用作物を対象とした補助事業等について/農林水産省
・農業・食品産業技術総合研究機構の取組/農業・食品産業技術総合研究機構
・産地化取組事例の紹介(地域ごとに異なります)
 [北 海 道]北海道余市郡(稲畑産業グループ アイケイファーム余市株式会社)
 [東   北]群馬県沼田市(利根沼田農業協同組合)
 [関東・北陸]東京都大田区(株式会社大田花き)
 [東   海]東京都大田区(株式会社大田花き)
 [近畿・中国・四国]奈良県宇陀市
           (奈良県宇陀市薬草協議会 事務局 宇陀市役所農林商工部商工産業課)
 [九 州・沖 縄]福岡県八女市(株式会社中村園)
・質疑応答(相談内容への回答も含む)
2部:個別相談会 16:00~17:00

参加対象範囲

薬用作物(※)の産地化を目指す地域の担当者
・薬用作物を栽培している、あるいは今後検討したいと考えている生産者(団体等)
・都道府県農業団体担当者
・都道府県農政部局及び薬務部局担当者
・市町村農政部局及び薬務部局担当者 等

(※)漢方製剤・生薬製剤等の漢方薬の原料として使用される薬用作物を対象としています。
FAXでも受け付けています
03-6284-2534
FAX用紙のダウンロード

参加申し込み

・薬用作物の産地化に向けた地域説明会および相談会への参加申し込みは、薬用作物産地支援協議会ホームページ(参加申し込みフォーム) からお申し込みください。 或いは、参加申込書(別紙2)の様式により、Eメール(soudan@yakusankyo-n.org)又はFAX (03-6284-2534) にて、締切り日までにお申し込みください。

  • 連絡先:薬用作物産地支援協議会 日漢協事務局
    担当 飯田
    Tel:03-6264-8087 Fax:03-6284-2534
    Email:soudan@yakusankyo-n.org
  • 相談窓口(常設)
    対応日:火曜日、木曜日
    時間:10時~16時